iPhone5について

  • iPhone5について

    • iPhone5は2012年9月に販売されています。

      iPhone5はなんといっても縦長になったことで採用された5インチディスプレイが目を引きます。



      4インチになったことでこれまでの3対2の画面サイズから16対9の画面サイズに変わり、レティナディスプレイもさらに進化して326PPIになっています。

      OKWaveにまつわる情報をまとめています。

      ただし、画面の対比が16:9であっても、これまでの3:2に合わせたアプリはそのまま稼働ができるようになっています。


      3:2の画面比でできているアプリについては上下を黒塗りをして表示することでiPhone5でも普通に動作可能です。
      iosの人気の理由は開発者にとっても利用者にとっても面倒なく古いアプリを利用できることです。また、5では本体についても多数のアップグレードが行なわれました。まず、これまで採用されていた充電ケーブルが変わりライトニングケーブルに変更されています。


      ライトニングケーブルは小さいコネクタであり、電気的な信号を前のケーブルよりも更に多くやりとりできるのが特徴です。
      また、CPUがA6にバージョンアップされており、ios6と合わせて多数の機能向上、速度向上が行なわれています。



      販売するキャリアはAUとソフトバンクですが、この世代からLTE対応が行なわれています。


  • ためになる情報

    • iPhone4sは単なる4の進化版というだけではなく、スティーブ・ジョブズが最後に関わったiPhoneとして注目されています。もともと大文字のSが利用される予定でしたが、スティーブ・ジョブズのsを取り込もじになったと言われています。...

  • 携帯のコツ

    • iPhone5の次に登場したのがiPhone5sと5cです。両者とも5との筐体の差はほとんどありませんが販売戦略の差で内部のハードがかなり異なります。...

  • 携帯の重要知識

    • iPhone4は2010年6月に販売されています。日本ではソフトバンクから販売されています。...

  • 納得の事実

    • iPhone3GSは2009年に販売されています。初代から数えて3世代目です。...

top